ベトナム北部

ベトナムは中国とラオスの国境にありハノイの上部位置しており、最大の広さを誇ります。紅河デルタの周辺には緩衝地帯が広がっており、周辺地域の多くが交通の便が整っておらずアクセスが困難です。少数民族が存在しており人口はまだらで、観光客に最も人気の場所は紅河の谷から突き出るファンシーパン山というベトナムで最も高い山となっています。以前のフレンチヒルステーションから簡単にアクセスができ、ファンシパン山の近くにはサパという少数民族や見事な景色を眺めながら小集落へのトレッキングができることで有名な場所があります。紅河の反対側、車で数時間のところにあるバック・ハは花モン族の中で最も個性的なグループの1つです。これら二つの観光地と戦争の地であるディエンビエンフーは、1954年にフランス軍に勝利の決め手となった場所で、ソンラ省やモクチャウ、マイチャウを通り景色を眺めながらハノイに戻る余裕のある観光客が訪れる場所です。

紅河の谷の東側の州は特にハザン省とカオバン省の国境にある息をのむほどの景色があり、訪れる価値のある場所です。北東地域は通り抜けられないジャングルと森林で覆われた石灰石でできた絶壁があるベトナム最大の湖バベ国際公園が有名です。北部の山々は観光施設も少なく、交通機関が整備されていません。しかし、この地域はハノイの旅行代理店が新しいツアーを企画しており、一人旅をする人たちがジープやバイクで地図に載っていない場所へ向かいますので、観光客にかなり人気になってきています。

How to get to ba be? (and sapa)
https://www.tripadvisor.com/ShowTopic-g293924-i8595-k5403377-How_to_get_to_ba_be_and_sapa-Hanoi.html

北勢地域を交通機関や自動車で観光するには6日は必要となります。北西地域全体を観光するには、ハザン省を含め最低でも6日間必要ですが、バベ湖にもっと滞在しパクボ洞窟かコアバンの近くにあるバンジオック滝に行きたいなら、北西や東北を組み合わせて2週間の旅に出かけてみましょう。きっと忘れられない思い出になります。ただし、このエリアの雨季の道中は危険であることを心に留めておきましょう。旅行日程を柔軟に考えておくことが大切です。あまり時間がなければ、公共交通機関やタクシーなどを使って、ハノイでサパ、ヤマイチョウ、バベ国立公園で2、3日過ごしましょう。もう一つ限られた時間を有効に過ごす方法は、ハノイの代理店のツアーに参加することです。

1920年代にフランスによってサパでヒルステーションができた以前の歴史記録は、ほとんど記録に残っていません。フランス軍の滞在期間さえも簡潔に記録されているだけです。人里離れた植林が集まった場所は、ベトナム独立運動の計画に最適な場所だったのです。1941年の短期間で、ベトミン氏による1945年の8月革命を受け、ホーチミン氏は中国の国境 パクボ洞窟で身を潜め、その後南下しトゥエンクアン省に移動しました。これら北部の省は、フランス軍の支配から最初に解放されましたが、北西地方の少数グループ タイ族、モン族、ムオン族が植民地を支配していた権威者を支援しました。ベトミン氏がこの地域の実権を握るのには1952年までかかりました。その2年後、ラオスとの国境に近いディエンビエンフーでフランス軍に圧勝しました。

1970年代後半の中華人民共和国とベトナム共和主義共和国との関係は、特にベトナム軍によるカンボジアへの侵攻で更に悪化していきました。1979年2月17日 中国軍が20万人もの軍隊をベトナム北部に派遣したことでついに戦争が起き、国境の町が壊滅されました。しかし、中国軍は200人足らずで帰還したのです。交通機関や政治的にダメージを受け、その後街は戦争後に復興しましたが、国境沿い1000kmには未だ発見されていない地雷が存在し、厄介な問題となっています。観光客が訪れる場所を含め、ほとんどの地域に安全宣言が出されましたが、人里離れた地域ではよく利用される道を通る方が賢明です。

Please follow and like us:

Related Post