ダラットの街と就職事情

ベトナムで人気の避暑地、ダラットは、高度約1500mにあるランビアン山の激しく曲がりくねった山々の中にあります。その婉曲した道、絵のように美しい教会、豊作の野菜農園や大きな滝、風変わりで面白い植民地の骨董品など様々なものが混在しているダラットはゆっくりするのにぴったりの場所です。旅行で訪れると、ハノイやホーチミンほどに賑やさはなく、涼しい気候なので働いてみたくなるのですが、日本人向けの観光地ではないこともあり日本人が働くとなると難しいです。日本の大手商社などが農業関連の会社を作って進出しているものの、求人がありません。

ベトナム戦争中の暗黙の合意によって、ハノイとサイゴンは、都市の爆撃を受けず半世紀ほど前の景観がそのまま残っています。しかし、ダラットにはあまり期待し過ぎすに訪れる方が良いでしょう。人口約20万人で、ひっそりとした避暑地だからです。1950 年代にはじめてダラットの建築物を見たノーマンルイス氏は、ベトナムで最も「くすんだ小さなリゾート地」を見つけたと言ったそうです。現在は植民地の名残があり、東ヨーロッパ建築が軒を連ね、パゴダ寺院がある場所です。特に国内の観光客が好む白鳥の形をしたペダルボートやカウボーイの格好をした乗馬ガイド付き添いのアクティビティを全面に推しています。

三日月型をしたダラットの中心部は、霊福寺の西側周辺に位置しています。1919年にこの地域にあるカムライ川はグランドラック(素晴らしい川)と名付けたフランス軍によりせき止められました。爆撃を逃れ、曲がった道や階段、石でできた建築物など、フランスの影響を受けた建築物が未だ残っており、赤い屋根瓦の建物がハイバーチュンやファン・チュー・チンと言われる街の間の小丘を覆うほどの軒を連ねています。

ダラット周辺の壮大な風景は、トレッキング、バイクでのドライビング、その他のアクティビティの挑戦にぴったりです。

12 月から5 月の間は現地にあまり見所はなく、地域の湖でボートに乗ったりカヤックのレンタルができるトゥヤンラム湖までケーブルカーに乗るなどして楽しむことができます。もう一つ人気のアクティビティは電車でチャイマット村へ行き、霊福寺の装飾品を見て楽しむことです。

タランティンイエウ、または愛の谷と呼ばれるこの谷は、ダラットの5キロ北に位置しています。バオダイと宮廷の仕え人が行った1972年のダム計画で、水が噴出し谷が浸水してできたのがダティエン湖です。派手なレンタルバイクが走行し屋台が多く立ち並んでおり、谷からは未だに水が湧いています。樹木で生い茂っている愛の谷はかなり見応えがあります。湖周辺でカウボーイ付きのポニー乗馬体験ができるなど、観光客の興味を引くものもあります。

愛の谷の周辺にいるなら、歴史関連の場所より観光地に立ち寄ることをおすすめします。ここではいくつか伝統的な家屋が建てられるまでのプロセスと、絹の刺繍の展示がされています。女性たちが真剣な眼差しで仕上げる代表的な刺繍をじっくりと見ることができます。くぐり抜けるように進むと、静物画、美しい織物や景色画の展示があり、その素晴らしさに目を奪われるでしょう。

瓦付き屋根の高床式の家周辺(ラト村)は、現地の人々で混雑していますが、ダラットの業者にツアーを申し込むことができます。コホーというグループの中でも、ラト族と呼ばれる人々は、耕した米や豆類、野菜類を耕し生計を立てています。村の作りはシンプルですので、ガイドは必須ではありません。

バイクを借り1日出かける場合は、滝のあるラト村とその道沿いにあるアンクロエット湖をめぐることができます。乾季の間、滝水は干上がっていますが、そのエリア周辺はより一目につくところにあり魅力的です。

ラト村の山からランビアン山の標高2169kmの頂点が見えます。徒歩で4時間下ったところにあり、車で入れるのは下部にあるヤシの木の入り口までとなっています。感性豊かな人々は山の形を力説しますが、それにはこのような話があるからです。不運な二人の話の言い伝えで、ランと呼ばれるラト族出身の男性とビアンと呼ばれるチル族出身の女性のカップルが部族の敵対関係により結婚できずにいました。悲嘆にくれたビアンはその後亡くなり、ランビアン山の形は彼女の息を引き取る直前の胸を象徴していると言われています。彼女の死後、罪悪感に苛まれた父親が、全ての対立していた部族グループをコホ族として統一することで部族のいがみ合いをなくそうと動き出しました。

ダラット湖から国道20号線を南下すると、右側にロビンヒルの頂上へと続く交通道路の入り口が見えます。ここはケーブルカーの到着地点でもあります。現在は建設中で景観が損なわれていますが、都市近くで斜面を走りながら素晴らしい景色を眺められます。静かで綺麗な水が広がっているトゥヤンラム湖でボート乗船するのには、体験料が必要です。現地のタクシーサービスではよくこちらに連れてこられることがありますが、ご自身のドライブで滝にたどり着くことも可能です。

ハノイの歴史

7世紀に唐時代の中国軍がベトナムに侵攻したとき、彼らは新しい保護領の首都として紅河の砦を選びました。お気楽にも、アンナム(安らかな首都)と名付けたのです。3世紀後に反ベトナム軍が、939年に素晴らしい隠れ家と呼ばれるダイラから中国軍を追放し、その後要塞は1010年まで放棄されていました。ハノイの創設の父として慕われているリタイト王が、その地の魅力に気付き、紅河の近くに自身の中庭を作りました。伝記によると、王が遊覧船から紅河のほとりに踏み入れた時、黄金の竜が天国に向かって昇っていったという言い伝えがあり、運が王の味方をしたように感じられます。それから”竜が昇る都市”タンロンは大きな問題も起きず、次の800年間、国の首都となったのです。

リタイト王と彼の後継者が王の将来の発展を願い、土占いにしたがって寺や宮殿都市に適している場所を選び、防護用の低い壁を築き、職人・商人で盛んな町を設立しました。王朝の都市東側には、現代のハノイの礎となった最初の大学が設立されました。1407年からは中国の支配下になりましたが、この時は英雄レロイが1428年に首都を奪還する前でした。レ王朝の王は溜め池や沼の水を引き、新しい宮殿を建設し人口の増加に備えました。15世紀末までタンロンが偉大な再建王 レ・タイントン王のもとで黄金の時代を謳歌しましたが、その直後の1497年の王の死からは、王国は無政府状態に陥ってしまいました。一方で、都市はついにザーロン帝が1802年にフエに宮廷を移すまで徐々に縮小していました。

1830年までにタンロンが地方都市に左遷され、”ハノイ”や川沿いにある都市”として知られることがなく、縮小する軍事力に対し1882年にリビエ軍曹率い攻撃を仕掛けるフランス軍に対する援軍として、支援を求めることはありませんでした。東の都市を意味するドンキンの由来とされるトンキンで、最初のフランス保護地区の首都となりました。1887年よりあとはインドシナ連邦政府の中心地となったのです。ヨーロッパ風の宮廷と古代の記念碑が再建されましたが、ベトナムのコミュニティは大きく分断され、常に不自由な暮らしを強いられ、暴動やデモが頻繁に起こっていたのです。

ベトナム独立共和国の首都となる1954年まで待ち続けなければなりませんでしたが、19458月革命の間は、何千もの地域の国家主義者がハノイの通りを埋め尽くし、その後フランス軍の再来に対して対抗に出ました。ハノイはベトナム戦争で、特に1972年の悪名高いクリスマスの空中襲撃間に深刻なダメージを受けました。1950年代のハノイにとって不可欠であった資源の不足によるその後の政治孤立の影響も大きかったのです。この名残は、ハノイが国際的な都市に一新された現在でも所々に見て分かります。1990年代初めからの観光客の殺到で起きた経済上昇が、個人経営のレストランやホテル、ブティック、工芸品ショップや代理店の急激な増加の起爆剤となりました。古い建造物は高層建築物に取って代わられ、交通の混雑が増すとともに、歴史溢れる魅力的な都市を現代化の波から生き残らせることができるかが大きな課題となっています。

ハノイの街と就職事情

ガソリンが高騰しているベトナムの都市ハノイは、衛生面ではまだ発展途上で現在大規模改革がおこななわれています。レモン色をした植民地時代の建築物には目を奪われます。町中に漂う美味しそうなグルメの匂いが食欲を誘う一方で、おびただしい数のバイクの音が耳をつんざきます。都市の雰囲気を保ちながら建物を近代化させており、政治的、歴史的に重要な役割を担う場所です。絶え間なく続く騒音と600万を超える人口にも関わらず、ハノイはホーチミン市より馴染みやすく都会的アピールを政策として打ち出しています。ホーチミンに続いて日系企業などの海外企業の進出が目まぐるしく日本人が就職先を探すには適切な街だと思います。オフィス系の仕事や営業職、飲食店スタッフはハノイ中心部に多く、技術職になると郊外もしくは近郊の工業団地に多くなります。

ハノイ市中心部は、ホアンキエム区として知られる小さめの地域です。グエン・ズー、レヴァンフー、ハントゥイン通りが南部の大部分を占めています。地区はレールが伸びる北西方面や紅河東部の堤防で明確に区切られており、ここは現在の首都の名前の元となった場所でホアンキエム湖がその由来となっています。北部には小さな旧市街があり、南部には大まかなグリッドシステム(送電線綱)が計画されている旧フランス領市街の並木通りが広がっています。中心地にはトラックのレールがそこら中に存在し、以前の宮殿の空き地を埋め尽くしている光景はハノイの最も印象的なシーンの一つです。バディン広場にあるホーチミンの霊廟を囲っている宮殿と文廟の古代の壁で囲まれた中庭が南に広がっています。東湖と呼ばれる名前が紛らわしい大きな湖が都市の北部にあり、興味深い寺やパゴダがひっそりと建っていますが、かつて歴史的建造物がたくさんあった村は上級階層の住むエリアとなっており、ラグジュアリーホテルなどが少なくなっています。

現代のハノイは、自信に満ち溢れ何でも実現可能な雰囲気を醸し出しており、騒がしさではホーチミン市と肩を並べています。現在は資金が十分にあり裕福なハノイの人たちが急激に増えています。高級なレストランやカフェ、ブティックで大胆にお金を使うほどの裕福さが広がってきています。ハノイでは、派手で高級なショッピングモールやワイン卸売店、美容院がトレンドで高級車が町を行き交います。昔の自転車よりも、ほとんどの人がバイクで勢いよく運転します。自治体は様々な面で成功しようとしており、オールドクウォーターでの納得できない建造計画を規制したり人の流入を抑制する法律の緩和を目指しています。交通渋滞の規制の緩和を目指す20年都市改革も計画されていますが、中心都市では古き良き時代の魅力も個性も無くなってきているのです。

ハノイは、不覚にもベトナム観光で南北を目指す人たちの通過ポイントとして、ホーチミン市よりも人気度が高くありません。その上、ハロン湾やサパなど、北部の山々への旅行にも便利な通過点となっています。観光客での混雑から田舎のベトナムの生活を体験できる場所に移動できるのです。周囲にはいくつか観光地があり、パフュームパゴダなどの宗教建築物が圧倒的に多く、石灰石でできた丘や現在の首都から少し北上したところにあるコロアの要塞があります。紅河デルタの栄養が堆積した土壌は、竹が生い茂る村が点在する南アジアで最も人口密度の高く、その点においてハノイを支えています。三つのコミュニティのうちいくつかが世代を超えセラミックや大工、蛇の養殖など同じ分野の職業で活躍しています。手作りの盛んな村が徐々に宣伝されている一方で、もし可能であれば、少し努力をして儒教の教えがまだ残っている人里離れた場所で降りてみるのも良いかもしれません。

サパの街

ベトナムの山岳北部の観光中心地、サパは高原の西部に横たわっておりファンシーパン山と向かい合う位置にあり、赤ザオ族や黒モン族などの少数民族に囲まれています。天候の清々しさと高山の景色で、20世紀初めにラオカイ省はヒル・ステーション(植民地政府が軍事拠点,兵士の休養・療養,子弟の教育などを目的として気候の冷涼な山岳地域に形成した植民都市)として発展し、テニスコートや教会、200以上の大邸宅を建設しました。現在は昔の建築物は少ししか残っておらず、1979年の中国軍の侵攻や現在の過多のホテル開発でそのほとんどがなくなってしまいました。新たに建設される建物にはその高さについて規制が施行されていますが、のどかな安息地としてのサパではなくなりました。しかし、このモダンな都市に欠けているものは、素晴らしい景色で上手にカバーされ、少数民族村の密集地域のツアーには格好の条件になっています。

サパ人自体は民族的にはベトナム人ですが、店および市場は広範囲に広がる少数民族村にも役立っています。サパでの生活は本当に素敵で、例えば現地の服飾に身を包んだ女性がいたり、最も印象的なのは赤ザオ族で、ウールの飾りに銀の小さな装飾品をつけた花冠の形をした緋色の被った女性がいます。黒モン族は地域の人口3分の1を占める最も大きな一族で、最も商業人気質、刺繍を施したチョッキやベスト、バックや帽子、銀のジュエリーが一日中売られています。実際に若いモン族の女性がヨーロッパ人の手を取り売り上げを得ようと話しかけるのを見かけます。一方で、もう一つの有名な一族である赤ダオ族は人目を引くドレスがあるにもかかわらず、一般的に写真を取られるのが恥ずかしいというシャイな気質を持っています。サパは活発で暖かな雰囲気ですが、極寒で一年中暖かい服を着るのが必須です。ファンシーパン山に太陽が沈む時間が早く、日没後は急激に気温が下がります。最も寒い月(12月から3月)は、夜の気温が常に凍えるほど下降し、冬は雪が降るため、暖房付きのホテルを探しましょう。シャーロックホームズに出てくるような濃霧が町全体にかかり市場は不気味な雰囲気すら感じさせます。寒く曇りの日が多く、数日間見通しが悪い日がありますが、9月から11月と3月から5月までの天候が最も観光にベストです。

サパの観光地 ベスト10
https://www.tripadvisor.com/Attractions-g311304-Activities-c42-Sapa_Lao_Cai_Province.html

サパへ訪れた観光客が最初に惹かれるのは週末の繁忙期の市場です。現在は平日にも混雑している市場があります。毎週土曜日に”愛のマーケット”と呼ばれる独自の市場があり、地域の少数民族の人々がパートナーを連れてきますが、今やコンクリートの建物が並んでおり魅力的ではありません。民族風のカバンやシャツからとレッカーまで販売されており、多くの少数民族村の人々がここに来ますが、紅河の反対側のバクハでは毎週土曜日バック・ハで、日曜日にはカンカウで更に本格的な市場が開催されています。

サパエスノ ミュージアムは新しい博物館で、動画プレゼンテーションやウォールディスプレイで、サパの山岳民族の歴史や生活スタイルを紹介しており、サパに到着し歴史的背景を学びたい方は最初にここに来てみると良いでしょう。モン・シャーマンの祭壇を含む、少数民族村の建築物が展示されています。

ディエンビエンフーの街

ムオンライ南部の道路には、ところどころに裂け目があります。 国道6号線で南東からトゥアンジャオへ行く方法がソンラ省までの一番の近道となります。国道12号線は100km(車で約3、4時間)以上あり、トラックでここを移動する際は、最初のうちは穏やかですが、50km地点にさしかかるとかなりのスピードでディエンビエンフーのハート型をした谷まで駆け抜けます。ここはフランス領インドシナとしての終わりを決定づける戦いに、ヴォー・グエン・ザップ氏が勝利した場所です。ここを訪れる観光客はフランスの歴史好きである人が少なからずおり、ディエン・ビエン・フー は地域の少数民族村に出かけるスタート地点として観光客が増加しています。谷の人口比率は、都会の周辺に密集しているベトミン族をしのぎ圧倒的にタイ族(53%)が占めています。近年、海外からの観光客に国境を開放したこともあり、ラオスへの入り口としても利用されるようになっています。

町の南部に向かうと、右側には道路から少しはみ出た博物館があります。第二次世界大戦で使用されたアメリカ産拳銃が、フランス軍に発見され持って帰った兵器などの展示が行われています。ベトミン族の銃を横目に見ながら道を通り過ぎると、先ほどの拳銃より新しいものが展示されているのが目に入ります。韓国戦争の舞台となった丘周辺の戦地から掘り起こされた戦利品です。展示物の写真には、有名な戦争で焼かれた谷の様子や、動画では取り返しのつかない被害を被ったことが描写されており、戦争を風化させないための展示品として、より記憶に残るものになっています。動画や写真から伝わる悲惨さや私たちへのメッセージは、ベトナム人にも明確に伝わりやすく工夫されています。メインミュージアム左側の小さな部屋では、現地の少数民族の衣装が展示されています。

ミュージアムの真向かいには、赤と金の星マークがついている大理石があります。戦争中に倒れた数人の英雄の大理石墓地とされています。1993年には日越外交関係40周年記念として、威厳のある出で立ちの宮殿の入り口や、英雄たちの名前が掘られた大理石の壁が作られました。壁の外側には、戦争の簡単な描写が描かれています。

共同墓地を見下ろす小さな丘はベトナム人にA1ヒルと呼ばれており、フランス防衛軍との戦争終結に至るまで、戦争が長続きし両国が苦戦を強いられた場所でした。丘の頂上では、再建された地下壕や、フランス軍への対抗に人生を捧げた英雄 ベトミンの墓地を含め、様々な碑を見て回ることができます。また、現在は穏やかな耕作地の谷を見渡すこともできます。

当時ここを支配していたフランス軍にもA1ヒルとして知られていたこの場所は、フランス軍とベトナム人民軍がディエン・ビエン・フーの戦いにおいて争った場所です。

この戦争で犠牲になったベトナム人の墓地がこの地域の小さな丘にあります。

ド・カストリー大佐の司令所跡は当時のフランス軍大佐 ド・カストリーが作りました。その司令所は現在復元作業が行われています。現在も戦争の跡地として保存されていますが、あまり見て回るものはありません。ディエン・ビエン・フー 中心地から数キロ離れた場所に位置し、近辺にある川の周辺では砂埃が舞っており、空中爆弾などの兵器が、周囲の平地で朽ち果てた姿で横たわっています。ここに来る人は、必ず”フランスのために亡くなった人々”と刻まれた記念碑へと足を運ぶでしょう。

ベトナム北部

ベトナムは中国とラオスの国境にありハノイの上部位置しており、最大の広さを誇ります。紅河デルタの周辺には緩衝地帯が広がっており、周辺地域の多くが交通の便が整っておらずアクセスが困難です。少数民族が存在しており人口はまだらで、観光客に最も人気の場所は紅河の谷から突き出るファンシーパン山というベトナムで最も高い山となっています。以前のフレンチヒルステーションから簡単にアクセスができ、ファンシパン山の近くにはサパという少数民族や見事な景色を眺めながら小集落へのトレッキングができることで有名な場所があります。紅河の反対側、車で数時間のところにあるバック・ハは花モン族の中で最も個性的なグループの1つです。これら二つの観光地と戦争の地であるディエンビエンフーは、1954年にフランス軍に勝利の決め手となった場所で、ソンラ省やモクチャウ、マイチャウを通り景色を眺めながらハノイに戻る余裕のある観光客が訪れる場所です。

紅河の谷の東側の州は特にハザン省とカオバン省の国境にある息をのむほどの景色があり、訪れる価値のある場所です。北東地域は通り抜けられないジャングルと森林で覆われた石灰石でできた絶壁があるベトナム最大の湖バベ国際公園が有名です。北部の山々は観光施設も少なく、交通機関が整備されていません。しかし、この地域はハノイの旅行代理店が新しいツアーを企画しており、一人旅をする人たちがジープやバイクで地図に載っていない場所へ向かいますので、観光客にかなり人気になってきています。

How to get to ba be? (and sapa)
https://www.tripadvisor.com/ShowTopic-g293924-i8595-k5403377-How_to_get_to_ba_be_and_sapa-Hanoi.html

北勢地域を交通機関や自動車で観光するには6日は必要となります。北西地域全体を観光するには、ハザン省を含め最低でも6日間必要ですが、バベ湖にもっと滞在しパクボ洞窟かコアバンの近くにあるバンジオック滝に行きたいなら、北西や東北を組み合わせて2週間の旅に出かけてみましょう。きっと忘れられない思い出になります。ただし、このエリアの雨季の道中は危険であることを心に留めておきましょう。旅行日程を柔軟に考えておくことが大切です。あまり時間がなければ、公共交通機関やタクシーなどを使って、ハノイでサパ、ヤマイチョウ、バベ国立公園で2、3日過ごしましょう。もう一つ限られた時間を有効に過ごす方法は、ハノイの代理店のツアーに参加することです。

1920年代にフランスによってサパでヒルステーションができた以前の歴史記録は、ほとんど記録に残っていません。フランス軍の滞在期間さえも簡潔に記録されているだけです。人里離れた植林が集まった場所は、ベトナム独立運動の計画に最適な場所だったのです。1941年の短期間で、ベトミン氏による1945年の8月革命を受け、ホーチミン氏は中国の国境 パクボ洞窟で身を潜め、その後南下しトゥエンクアン省に移動しました。これら北部の省は、フランス軍の支配から最初に解放されましたが、北西地方の少数グループ タイ族、モン族、ムオン族が植民地を支配していた権威者を支援しました。ベトミン氏がこの地域の実権を握るのには1952年までかかりました。その2年後、ラオスとの国境に近いディエンビエンフーでフランス軍に圧勝しました。

1970年代後半の中華人民共和国とベトナム共和主義共和国との関係は、特にベトナム軍によるカンボジアへの侵攻で更に悪化していきました。1979年2月17日 中国軍が20万人もの軍隊をベトナム北部に派遣したことでついに戦争が起き、国境の町が壊滅されました。しかし、中国軍は200人足らずで帰還したのです。交通機関や政治的にダメージを受け、その後街は戦争後に復興しましたが、国境沿い1000kmには未だ発見されていない地雷が存在し、厄介な問題となっています。観光客が訪れる場所を含め、ほとんどの地域に安全宣言が出されましたが、人里離れた地域ではよく利用される道を通る方が賢明です。

ホイアンの街と就職事情

伝統的な雰囲気に包まれ、観光地が密集した小さな都市 ホイアンはベトナム中のどの観光地よりも必要不可欠なものとなっています。狭い道には、苔で覆われた屋根の木造建てのお店が軒を連ね、特産品が多く並んでいます。都市の古くからの魅力が自然と保たれており、例えば、ベトナムの中でバイク運転の制限があるのはここホイアンだけで、規則として正面玄関に提灯をぶら下げるなど、地域に特化したビジネスを押しているのもここだけです。何百もの明かりが川のほとりや狭い谷から見え、トゥボン川の水に反射し光っています。また、都市の洋服屋は安価な値段で服を販売しており、アジアのトップグルメでは常に上位にランキングされていることも特徴です。

ホイアンの人気レストラン
https://www.tripadvisor.com/Restaurants-g298082-Hoi_An_Quang_Nam_Province.html

ホイアンの古代のルーツは16世紀の中国、日本、ベトナム、ヨーロッパの豪華な建築様式の融合が元になっています。全盛期には、チャボン川のほとりは商人が乗る船でいっぱいで、世界でもっとも商業が盛んな場所として有名でした。この長閑な街には、未だにその色褪せない雰囲気が残っています。

市内で最も写真撮影される光景は、間違いなく美しい来遠橋/日本橋ですが、町で最も注目すべき記念碑は、ホイアンの中国人在住者に関連しています。まず、200年経つ商人の家が現存し、今も成功した中国商人の子孫が住んでいます。ガラスの天井屋根や中国風の会館が 日常生活にあちこち存在します。現在、中国人はホイアンの人口約4分の1を占めています。

1999年にユネスコの世界遺産に認定されたホイアンは、今や多くの観光客が訪れる場所となっています。一部は観光地化されすぎていますが、服屋やアートギャラリーが多く、急激に宿泊者が増加していることを受けホテルの建設が急ピッチで進んでいます。またホテルで働くスタッフの求人募集が増えていますが、日本人が就職出来そうな日系企業が関連するホテルはダナンにあるため、ホイアンで就職するには難しいです。

ホイアンのミーソン地域にあるチャム族の跡地へ行き、気軽に日帰り旅行を楽しむことも可能です。周囲を散策してみたり、トゥボン川をボートで下りのんびりとサンパンに乗ることも可能です。もし可能であれば、毎月太陽暦の14日目に開催されるフルムーンフェスティバルと掛け合わせてみましょう。他と違うところは毎年10月に起こる洪水で、足が浸かるほどになりますので、その時期には雨靴を履いていくと観光をより楽しむことができます。

何世紀にもわたって、ホイアンは東南アジアの海上貿易において重要な役割を果たしました。少なくとも紀元前2世紀に遡り、サフィンと呼ばれる文化の人々が中国とインドの商品を交換していましたが、16世紀に中国や日本、ヨーロッパの船が港に集結し貿易ブームを巻き起こし、世界中から商人が集まる年に一度のスプリングフェアが開催されたフェイフォという港(ファイフォスプリングフェアの記事をご覧ください)が状況を一変しました。17世紀終わりの全盛期には、役人が王朝の資金を徴収しようと港に降り立ち、街は職人、金融業者、役人で埋め尽くされました。

貿易活動は日本と中国の商人で回っており、その多くは各国の政府がビジネス、規則や文化的個性を統括しているフェイフォに居住しました。1639年には、日本の将軍が海外旅行を禁止し、”日本通り”や独自の建築様式の数も減少しました。当然ながら、中国の政治改革で町の”自治体”は、会議場や崇拝の場の設置が行われました。

18世紀後半には、泥土がトゥボン川を塞ぎ始め、その影響で市場が中国でも開催されるようになり、それから港の貿易活動は減少していきました。フランス軍がファイフォに議事堂を建設し、トゥーラン(ダナン)から列車が開通されたため、以前の貿易経済を復活させられませんでした。町は、1954年にホイアンへと名前を変更し、何とかフランスやアメリカとの戦争の火から被害を免れ、現在でもその時代の雰囲気が残っています。

ベトナム中部

小規模のこの国には、驚くほどコンパクトに観光地が密集しています。南部から来た観光客が最初にたどり着くのは、ホイアンでしょう。伝統的な素晴らしい建築物があり、その陽気な雰囲気とグルメが人気です。北部に足を伸ばすと、そこにはダナンがあり、バーやレストラン、洗練された新しい建築物が印象的となっています。都市の裕福さを前面にアピールしています。次に、かつてはグエン王朝の首都があったフエがあります。伝統的な王朝都市には宮殿の建築物や手入れが行き届いている中庭があり、まるで昔にタイムスリップしたかのようです。最後に非武装地帯(DMZ)として有名なベトナム戦争の跡地があります。現在物議を醸している北と南ベトナムを分割する場所がここにあります。

天候、料理、言語、さらには非武装地帯(DMZ)をまたぐベンハイ川の北側と南側の地域の特性の違いに気づくと思います。ベトナムはずっとこの地点で分けられていたわけではありません。最近は中国支配下の政治と文化の中心地域からドンコイの北側 ホアンソン山と、インド化されたチャンパ王国から南が国境でした。ベトナム独立国は17世紀に勢力を伸ばしたため、ベトナム軍は周辺にある国境に向けて南下しました。フエの近くにあるハイヴァン峠です。ここでもまたミーソン聖域での寺が制圧され王国が開かれた15世紀まで、チャム族が他国の侵攻を阻止していました。

それから、陳王朝と阮朝同士はこの同じ土地を巡り再び争い合ったのです。ライバル関係がついに爆発したのは19世紀にフエが国の都市になった時でした。阮朝はフエを帝国都市とし、そこに宮殿や寺、霊廟を建てたにも関わらず、戦争に苦闘しましたが、現在はベトナムの重要な観光地となっています。1954年にはベトナムは北緯17度線で分けられ、1975年の南北国境再統一までベンハイ川や非武装地帯(DMZ)がベトナムの国境となっていました。現在はあまり観光地としてオススメの場所ではありませんが、非武装地帯(DMZ)の荒れ果てた戦地は戦争で戦ったどちらの国軍兵士、また二国間の衝突で亡くなった市民にとっても辛い思いが残る記念碑となっています。

ダナン近くのチャイナビーチは、ベトナム戦争当時を思い出させる名前ですが、観光地はこれだけではありません。ホイアンの小さな川沿いの街は伝統色が強く、木造建築職人で活気に満ちたホイアンは特に素晴らしいのです。ホイアンから内陸側は他の地域へ向かう途中の町で、現在も巨大な建築計画が話題になっている最中、昔ながらのビーチが残っています。チャム族のスピリチュアル精神が活きるミーソン聖域は、草が生い茂る緑豊かな谷にあります。

この地域は北から南まで伝統的に天候が不安定で、一般的にはダナンやフエ周辺では9月から2月まで続く雨季には道路が分断されることも珍しくありません。フエは特に酷く、都市の年間降水量3メートルを考えると3月から8月までの乾季でも、豪雨に見舞われる日が数日あります。南部へ訪れるベストシーズンは2月から3月末の春で、気温と蒸し暑さが夏の最高記録(30度近く)に到達する前か、雨季直前の夏の終わりの時期でしょう。