ベトナムのお正月の話

ベトナムのお正月は日本のお正月と違います。それは、時期です。
日本ですと、お正月といえば、新暦の1月1日の元旦、1月3日までが三が日で1月15日までが松の内と呼ばれています。(地域では松の内が1月20日までのところもあるようですが、私は1月15日までだと小学生で習いました)ちなみにお正月の準備は12月8日から始められます。
ベトナムのお正月はテトと呼ばれ、中国の春節と同じで、日本の旧暦のお正月と同じです。時期は1月下旬から2月中旬の2週間弱です。新暦に合わせると、始まる日にちが年によって違います。今年は来週の2月16日となっています。

社会人になってからの日本のお正月休みは、12月29日〜正月3が日か、1月5日までの1週間程度だったと思います。しかし、ベトナムのお正月(テト)休みは大晦日から数えて10日間〜2週間が多いです。(私の会社ですと、来週の15日から25日まで)

日本人からすると、お正月休みが長いように感じられるため、日系企業を中心にこれを短くするような話がありますが、年間の休日数で比較すると日本と比べて格段に少ないベトナムなので「お正月休みくらいは多くても良いんじゃない?」なんて思っています。

私は今人材紹介会社で営業をしているので、このような話を営業先で良くします。
日本駐在の方や日本から出張ベースで来られている人は日本の暦に合わせて働かれている方が多いので「ベトナムのお正月休みは多いよね」と言われ、ベトナム採用(現地採用)の方やベトナムの暦に合わせて働かれている方は「お正月くらいは休ませてくれたら良いのに」と言われます。

先日、年末の挨拶回りをしている時にこんな方に会いました。ベトナムの暦で働かれているはずなのに、「テトは日本に戻って日本の仕事をして欲しい」と言われ断れなかったと。そこで「もし転職をお考えでしたら、しっかりテト休みが取れる会社を紹介しますよ」と言って話をして結構盛り上がれました。

Please follow and like us:

お年玉をもらいました(笑)

ベトナムで就職してからは、日本のお正月とは無縁だと思っていました。
なぜならベトナムのお正月は日本とは違って時期が違うためです。ベトナムは大体2月上旬です。大体といったのは、ベトナムのお正月はテトと呼ばれ、日本の旧正月と同じ時期にあるからです。旧正月とは旧暦のお正月のことで、新暦を使っている現代からすると、カレンダーの法則が異なるため、年によって日にちが違ってきます。
話は戻りまして、今は日本のお正月ですから、私がベトナムで元気に働いているかと気になったようで父と母、お兄ちゃん夫婦と甥っ子、お姉ちゃんとお姉ちゃんの彼氏、近所の田中のおばちゃんが遊びに来てくれています。
12月29日の昼からホーチミンに来ているのですが、私が現地採用で働く友人たちとの忘年会が12月30日にあることを告げていたこともあり、親族御一行はお客様の旅行会社(最近人材を紹介させて頂いた)のダナン・ホイアンツアーに2泊3日で行ってもらいました。親族御一行と過ごしたのは31日の昼と昨日の2日間でした。ホテルのカウントダウンパーティが終わっても甥っ子が起きていたのでお年玉をあげると、なぜか両親と田中のおばちゃんからお年玉をもらいました。最後にもらったのが高3だったので驚きました。

親族御一行は6日の深夜便で日本に帰るそうですが、今日からお兄ちゃん家族とお姉ちゃんとお姉ちゃんの彼氏はフーコック島に2泊3日で行っています。両親と田中のおばちゃんはホーチミンに滞在しており、「今はクチトンネルツアーが終えて部屋に戻ってきたところ」と言うラインが来ておりました。

最後に余談ですが、タイは仏暦の正月を採用しているで4月頃になり、カンボジアはクメール暦を採用されておりタイと同じで4月頃になります。カンボジアは少し面白くて新暦のお正月、旧暦のお正月、クメール暦のお正月と年3回のお正月を祝うそうです。(カンボジアは4ヶ月に3回お正月がある国だということです)
ベトナムからカンボジアの会社に転職した友人が、去年3回もお正月の写真をフェイスブックに上げており楽しそうだったのを覚えています。

Please follow and like us: