中部山岳地帯

ベトナムで大雑把なトラック運転を避けたい場合には最適な場所です。多くの旅行者は、東海岸に沿って旅行をし、ビーチや山が好きな人は、観光スポットを求めより広大な北部に向かいます。中心の山岳地帯は北部の山々の綺麗な景観に溶け込んでおらず、山のいくつかは枯れきっていますが見るものはこれだけではありません。壮大な滝や霧で覆われた山、広範囲にわたる集団居住地があり、カンボジア西部の国境に向かうと、高くそびえ立つ山々や高原が広がっています。アンナン山脈や国道一号線の中心からハノイと北部に向かい細く伸びるダナンまで広がる中心部の高山があります。この地域の栄養豊富な土壌がコーヒーやお茶、ゴム、絹や広葉樹など自然の資源を生み出しています。

全ての高山がそうではありませんが、経済計画で植地用の場所とされている場所もあります。サイゴンの怠けた大富豪やフエの貴族狩りが行われた中で、原生林には生き残ったゾウや熊、テナガザルなどの野生動物が生存しています。

多くの登山者や観光客の主な目的はダラットに向かうことで、その途中で見えるかつてのフランス領の山は遠目から見ると霧がかっておりかなりロマンチックに見えます。都市そのものは心地よい気候で、見るだけでも楽しめる植民地時代の建造物や、写真映えするバイク、フルーツと野菜が山積みになった市場など魅力にあふれた地域です。

ダラットから北に向かい、少数民族村を囲む透き通るような水が、美しいダクラク省まで続きます。そのあとは広大でひらけた景色よりも、観光地に人気がある高山の街が連なります。最初に見えるのはバンメトートという街で、その広い土地を考えると驚くほど混雑する場所です。都市そのものはあまり観光するところではありませんが、周囲にある少数民族村は見応えがあります。緑道国立公園への入り口でもあります。

ブレイク空港から北部は観光地としては適していませんが、魅力的なジャライ族とバナール族のような少数民族村が存在します。さらに北上するとコントゥム省が見えます。3州の首都の中で最もずば抜けて魅力的でリラックスした雰囲気がある場所です。中心都市から3つのバナール村に向けて夕方に散歩に出かけたり、かなり距離はありますが、他のいくつかの少数民族を渡り歩くこともできます。

ジャライ族とバナール族の居住する場所は、少数民族の住む高山が多く集まる場所です。

俗世から切り離された高山の住人が印象的で、現地で作られるボンボン帽子、スカーフ、羊毛のジャンパーは保温性に非常に優れており、その地域での旅行ではこの村の観光は確かに記憶に残るものとなります。しかし、多くの民族がハノイとの合併により、村の個性を保つことに苦戦しています。各国の政府や人権グループ(再統一についての記事をご覧ください)からの批判が21世紀の変わり目から出ており、政府の民俗村とハノイとの合併には批難が集中しています。少数派の権利問題についてには敏感で、ベトナム政権は1993年にこの地域のみで外国人を受け入れました。私たちが主要都市を自由に旅行している間にも高山にある少数民族村への旅行が難しくなる可能性があります。ほとんどの場合、民族村へは地域の観光局を通す必要があります。(気前よくお支払いを)どの地域でも現在の規制、特に村での宿泊については今一度確認を行ったほうが良いでしょう。

高山での体験はいつ訪れるかによってかなり変わります。11月から4月までは乾季です。このときは豪雨が中心部から離れた村にアクセスできなくなるほど降る時期ですが、最も雰囲気が良い時期である湿度の高い5月から10月に行くと良いでしょう。

Please follow and like us:

ダラットとその周辺

ダタンラの滝は、地域で最も印象的なものの一つであり、簡単に近くの湖トルエンタムへの観光と組み合わせることができます。コホ族では、ダタンラは、葉の下の水を意味し、この場所を象徴させる言葉となっています。15分ほど生い茂る森林を探検しながら滝の傾斜を下ります。滝自体はスリリングではありません,。泥が混じった水が木造の歩道橋へ流れ落ちる様はあまり写真映えしません。もっとも有名なプレン滝は街から6km離れた所にあり、地域の人たちにかなり人気ですが、あまりお勧めできません。熊やシカ、猿を含む動物が劣悪な環境で飼育されているからです。

チキンビレッジは、他のベトナムの村と同様、喧騒から離れた長閑な雰囲気で、村の中心には誇らしげな5m強の鶏の像が建てられています。織物を買う買わないは関係なく、女性たちが自身の体に紐を固定して機織り機を使い織物を織るところを見学するのも面白いでしょう。許可なしで小さな丘や平原に立ち入ることも可能です。

チャイマット村の近辺は、ダラットからわずか7kmで、小旅行をするには最適な場所です。多くの人は電車でチャイマット村まで向かいます。東側に目を向けると少し面白く、素敵な村があります。村そのものは探検するところが沢山あり、リン・フュオック寺が主な見どころですが、もし時間があれば(または現地のバイクタクシーに乗りたかったら)、事前に食べるものを買い、村のちょうど東にある美しいカオダイ教寺院総本山を探検してください。

チャイマット村で印象的なのは、霊福寺で、モザイク模様の芸術品が陳列されており、細部の装飾にこだわった建築物です。それゆえ、割れた骨董品やグラスの破片には細心の注意を払いセメント加工されています。最初に目に入るのが中央の建物にある中庭の大きな竜です。2万点以上のビールボトルのかけらで造られています。寺の中にある芸術品はさらに手が込んで造られています。色とりどりに並べられたギャラリー、神社と景観の良い場所に向かい左側の階段を登ると、ホールの支柱にはモザイク柄の竜たちが絡み合っています。信仰者により鐘が鳴らされ、深い音がメインホールの雰囲気を一層引き立たせます。

不安定なジグザグの山道の終点に位置しているタイガーフォールズは、この地域で最も人気があるスポットです。滝へと繋がる険しいコンクリートの階段は急な崖になっており、写真スポットとなっています。タイガーフォールズは、ベトナム国民にとっても非常に人気な観光地となっており、静かに1人で回ることは難しいでしょう。滝の底にある大きな岩と水の溜まり場はピクニックに最適の場所です。レストランのそばには巨大な原始狩人と虎の像があり、記念写真を取る為に吠える虎の像の口に登ることができます。

Please follow and like us:

ダラットの街と就職事情

ベトナムで人気の避暑地、ダラットは、高度約1500mにあるランビアン山の激しく曲がりくねった山々の中にあります。その婉曲した道、絵のように美しい教会、豊作の野菜農園や大きな滝、風変わりで面白い植民地の骨董品など様々なものが混在しているダラットはゆっくりするのにぴったりの場所です。旅行で訪れると、ハノイやホーチミンほどに賑やさはなく、涼しい気候なので働いてみたくなるのですが、日本人向けの観光地ではないこともあり日本人が働くとなると難しいです。日本の大手商社などが農業関連の会社を作って進出しているものの、求人がありません。

ベトナム戦争中の暗黙の合意によって、ハノイとサイゴンは、都市の爆撃を受けず半世紀ほど前の景観がそのまま残っています。しかし、ダラットにはあまり期待し過ぎすに訪れる方が良いでしょう。人口約20万人で、ひっそりとした避暑地だからです。1950 年代にはじめてダラットの建築物を見たノーマンルイス氏は、ベトナムで最も「くすんだ小さなリゾート地」を見つけたと言ったそうです。現在は植民地の名残があり、東ヨーロッパ建築が軒を連ね、パゴダ寺院がある場所です。特に国内の観光客が好む白鳥の形をしたペダルボートやカウボーイの格好をした乗馬ガイド付き添いのアクティビティを全面に推しています。

三日月型をしたダラットの中心部は、霊福寺の西側周辺に位置しています。1919年にこの地域にあるカムライ川はグランドラック(素晴らしい川)と名付けたフランス軍によりせき止められました。爆撃を逃れ、曲がった道や階段、石でできた建築物など、フランスの影響を受けた建築物が未だ残っており、赤い屋根瓦の建物がハイバーチュンやファン・チュー・チンと言われる街の間の小丘を覆うほどの軒を連ねています。

ダラット周辺の壮大な風景は、トレッキング、バイクでのドライビング、その他のアクティビティの挑戦にぴったりです。

12 月から5 月の間は現地にあまり見所はなく、地域の湖でボートに乗ったりカヤックのレンタルができるトゥヤンラム湖までケーブルカーに乗るなどして楽しむことができます。もう一つ人気のアクティビティは電車でチャイマット村へ行き、霊福寺の装飾品を見て楽しむことです。

タランティンイエウ、または愛の谷と呼ばれるこの谷は、ダラットの5キロ北に位置しています。バオダイと宮廷の仕え人が行った1972年のダム計画で、水が噴出し谷が浸水してできたのがダティエン湖です。派手なレンタルバイクが走行し屋台が多く立ち並んでおり、谷からは未だに水が湧いています。樹木で生い茂っている愛の谷はかなり見応えがあります。湖周辺でカウボーイ付きのポニー乗馬体験ができるなど、観光客の興味を引くものもあります。

愛の谷の周辺にいるなら、歴史関連の場所より観光地に立ち寄ることをおすすめします。ここではいくつか伝統的な家屋が建てられるまでのプロセスと、絹の刺繍の展示がされています。女性たちが真剣な眼差しで仕上げる代表的な刺繍をじっくりと見ることができます。くぐり抜けるように進むと、静物画、美しい織物や景色画の展示があり、その素晴らしさに目を奪われるでしょう。

瓦付き屋根の高床式の家周辺(ラト村)は、現地の人々で混雑していますが、ダラットの業者にツアーを申し込むことができます。コホーというグループの中でも、ラト族と呼ばれる人々は、耕した米や豆類、野菜類を耕し生計を立てています。村の作りはシンプルですので、ガイドは必須ではありません。

バイクを借り1日出かける場合は、滝のあるラト村とその道沿いにあるアンクロエット湖をめぐることができます。乾季の間、滝水は干上がっていますが、そのエリア周辺はより一目につくところにあり魅力的です。

ラト村の山からランビアン山の標高2169kmの頂点が見えます。徒歩で4時間下ったところにあり、車で入れるのは下部にあるヤシの木の入り口までとなっています。感性豊かな人々は山の形を力説しますが、それにはこのような話があるからです。不運な二人の話の言い伝えで、ランと呼ばれるラト族出身の男性とビアンと呼ばれるチル族出身の女性のカップルが部族の敵対関係により結婚できずにいました。悲嘆にくれたビアンはその後亡くなり、ランビアン山の形は彼女の息を引き取る直前の胸を象徴していると言われています。彼女の死後、罪悪感に苛まれた父親が、全ての対立していた部族グループをコホ族として統一することで部族のいがみ合いをなくそうと動き出しました。

ダラット湖から国道20号線を南下すると、右側にロビンヒルの頂上へと続く交通道路の入り口が見えます。ここはケーブルカーの到着地点でもあります。現在は建設中で景観が損なわれていますが、都市近くで斜面を走りながら素晴らしい景色を眺められます。静かで綺麗な水が広がっているトゥヤンラム湖でボート乗船するのには、体験料が必要です。現地のタクシーサービスではよくこちらに連れてこられることがありますが、ご自身のドライブで滝にたどり着くことも可能です。

Please follow and like us: