フーコックの街と就職事情

タイ湾のカンボジア沿岸からわずか15km に位置するフーコック島は、アラジンの魔法のランプから登場するジニーのように細長く南端に伸びる島です。事実上、10年以上前まではあまり人々に知られることがありませんでしたが、現在ではニャチャンをベトナムのトップ観光地へ成長させようと計画されており、その柔らかい砂のビーチやヤシの木、澄んだ水に魅せられ、多くの観光客が足を運んでいます。カンボジアはこの島を コトラル と主張していますが、全長46kmのベトナム所有地で、沿岸沿いでは最大のアイランドとなっています。フーコックはハティエンからたった45kmの場所に位置しており、120km南下したところにはラックザーと呼ばれる港湾都市もあります。

地形や植物はデルタの他の地域とはかなり違う印象を受けます。フーコックはベトナムの歴史的有名人にとって条件の良い隠れ家でした。18世紀後半、阮王朝がタイソン兄弟からの攻撃を逃れるためこの土地を支配しました。1860年代に阮忠直も同様にこの地を統治しました。現在、800億人以上の人口と大量の現地特有の犬が(背筋の毛が立っている犬ですぐにわかるでしょう)が島に住み着いています。フーコック島の黒胡椒や、オリーブオイルとされている魚醤油(ヌオック マム)が特産品とされており有名です。

 

ムイネー村のように、フーコック島は、ホーチミン市に住んでいる海外からの移住者にとっての格好の居住地となっています。島の中心部にある空港の国際線がほぼ開通工事が完了し、2012年にオープンしました、この地域の将来は明るく感じます。都市化に伴いリゾート施設やバーが急激に増加し、現在道路は封鎖されていますが、フーコック島は未だパイオニアの向かう先という印象が残っています。ここから各地へ移動するには、トラックに乗せてもらい舗装されていない道を渡ることでしか交通手段がありません。ビーチは基本的にイベント開催などであっても無料で開放されています。雨季 (5 月~10月) を通して、フーコックは比較的穏やかな場所で、部屋の料金に関しては価格交渉が行いやすくなります。ピークシーズン (12 月–1月)には、宿泊料金は急激に上昇し混雑が予想されるため、事前予約が必要となります。

フーコックは成長途中のリゾート地なのでホテルが続々と建っており、外国人が働く場合はホテルなどのリゾート施設や観光産業になります。もちろん英語は必須となります。

フーコックは探検に最適な島で、街の渋滞もなく簡単にバイクで巡ることができます。現時点で島の70%が森林で占めており、北の丘は特に自然が豊富であることが特徴です。ここで探検をし帰るときには、道が未舗装のため赤土まみれになるかもしれませんので、服装などで対策をしましょう。運転中のヘルメットの装着は必須です。フェイスマスクをするのも良いでしょう。

特に島の北部では、唐辛子の植林を目にすることがあります。地元の人だと3メートルの木を登ることができますので、胡椒がなる木などはすぐに分かります。現地の人は観光客を喜んで歓迎し周辺を案内しています。また、フーコックの中心部には2つの渓流: ダバン渓流とチャン渓流が存在します。苔で覆われた大きな岩がある渓流では、1月から5月の間の乾季は、ぶどうの木のつるや小さな滝が乾ききってしまうため、あまり旅行にベストなシーズンとは言えません。

Please follow and like us: