ハノイの街と就職事情

ガソリンが高騰しているベトナムの都市ハノイは、衛生面ではまだ発展途上で現在大規模改革がおこななわれています。レモン色をした植民地時代の建築物には目を奪われます。町中に漂う美味しそうなグルメの匂いが食欲を誘う一方で、おびただしい数のバイクの音が耳をつんざきます。都市の雰囲気を保ちながら建物を近代化させており、政治的、歴史的に重要な役割を担う場所です。絶え間なく続く騒音と600万を超える人口にも関わらず、ハノイはホーチミン市より馴染みやすく都会的アピールを政策として打ち出しています。ホーチミンに続いて日系企業などの海外企業の進出が目まぐるしく日本人が就職先を探すには適切な街だと思います。オフィス系の仕事や営業職、飲食店スタッフはハノイ中心部に多く、技術職になると郊外もしくは近郊の工業団地に多くなります。

ハノイ市中心部は、ホアンキエム区として知られる小さめの地域です。グエン・ズー、レヴァンフー、ハントゥイン通りが南部の大部分を占めています。地区はレールが伸びる北西方面や紅河東部の堤防で明確に区切られており、ここは現在の首都の名前の元となった場所でホアンキエム湖がその由来となっています。北部には小さな旧市街があり、南部には大まかなグリッドシステム(送電線綱)が計画されている旧フランス領市街の並木通りが広がっています。中心地にはトラックのレールがそこら中に存在し、以前の宮殿の空き地を埋め尽くしている光景はハノイの最も印象的なシーンの一つです。バディン広場にあるホーチミンの霊廟を囲っている宮殿と文廟の古代の壁で囲まれた中庭が南に広がっています。東湖と呼ばれる名前が紛らわしい大きな湖が都市の北部にあり、興味深い寺やパゴダがひっそりと建っていますが、かつて歴史的建造物がたくさんあった村は上級階層の住むエリアとなっており、ラグジュアリーホテルなどが少なくなっています。

現代のハノイは、自信に満ち溢れ何でも実現可能な雰囲気を醸し出しており、騒がしさではホーチミン市と肩を並べています。現在は資金が十分にあり裕福なハノイの人たちが急激に増えています。高級なレストランやカフェ、ブティックで大胆にお金を使うほどの裕福さが広がってきています。ハノイでは、派手で高級なショッピングモールやワイン卸売店、美容院がトレンドで高級車が町を行き交います。昔の自転車よりも、ほとんどの人がバイクで勢いよく運転します。自治体は様々な面で成功しようとしており、オールドクウォーターでの納得できない建造計画を規制したり人の流入を抑制する法律の緩和を目指しています。交通渋滞の規制の緩和を目指す20年都市改革も計画されていますが、中心都市では古き良き時代の魅力も個性も無くなってきているのです。

ハノイは、不覚にもベトナム観光で南北を目指す人たちの通過ポイントとして、ホーチミン市よりも人気度が高くありません。その上、ハロン湾やサパなど、北部の山々への旅行にも便利な通過点となっています。観光客での混雑から田舎のベトナムの生活を体験できる場所に移動できるのです。周囲にはいくつか観光地があり、パフュームパゴダなどの宗教建築物が圧倒的に多く、石灰石でできた丘や現在の首都から少し北上したところにあるコロアの要塞があります。紅河デルタの栄養が堆積した土壌は、竹が生い茂る村が点在する南アジアで最も人口密度の高く、その点においてハノイを支えています。三つのコミュニティのうちいくつかが世代を超えセラミックや大工、蛇の養殖など同じ分野の職業で活躍しています。手作りの盛んな村が徐々に宣伝されている一方で、もし可能であれば、少し努力をして儒教の教えがまだ残っている人里離れた場所で降りてみるのも良いかもしれません。

Please follow and like us:

ホイアンの街と就職事情

伝統的な雰囲気に包まれ、観光地が密集した小さな都市 ホイアンはベトナム中のどの観光地よりも必要不可欠なものとなっています。狭い道には、苔で覆われた屋根の木造建てのお店が軒を連ね、特産品が多く並んでいます。都市の古くからの魅力が自然と保たれており、例えば、ベトナムの中でバイク運転の制限があるのはここホイアンだけで、規則として正面玄関に提灯をぶら下げるなど、地域に特化したビジネスを押しているのもここだけです。何百もの明かりが川のほとりや狭い谷から見え、トゥボン川の水に反射し光っています。また、都市の洋服屋は安価な値段で服を販売しており、アジアのトップグルメでは常に上位にランキングされていることも特徴です。

ホイアンの人気レストラン
https://www.tripadvisor.com/Restaurants-g298082-Hoi_An_Quang_Nam_Province.html

ホイアンの古代のルーツは16世紀の中国、日本、ベトナム、ヨーロッパの豪華な建築様式の融合が元になっています。全盛期には、チャボン川のほとりは商人が乗る船でいっぱいで、世界でもっとも商業が盛んな場所として有名でした。この長閑な街には、未だにその色褪せない雰囲気が残っています。

市内で最も写真撮影される光景は、間違いなく美しい来遠橋/日本橋ですが、町で最も注目すべき記念碑は、ホイアンの中国人在住者に関連しています。まず、200年経つ商人の家が現存し、今も成功した中国商人の子孫が住んでいます。ガラスの天井屋根や中国風の会館が 日常生活にあちこち存在します。現在、中国人はホイアンの人口約4分の1を占めています。

1999年にユネスコの世界遺産に認定されたホイアンは、今や多くの観光客が訪れる場所となっています。一部は観光地化されすぎていますが、服屋やアートギャラリーが多く、急激に宿泊者が増加していることを受けホテルの建設が急ピッチで進んでいます。またホテルで働くスタッフの求人募集が増えていますが、日本人が就職出来そうな日系企業が関連するホテルはダナンにあるため、ホイアンで就職するには難しいです。

ホイアンのミーソン地域にあるチャム族の跡地へ行き、気軽に日帰り旅行を楽しむことも可能です。周囲を散策してみたり、トゥボン川をボートで下りのんびりとサンパンに乗ることも可能です。もし可能であれば、毎月太陽暦の14日目に開催されるフルムーンフェスティバルと掛け合わせてみましょう。他と違うところは毎年10月に起こる洪水で、足が浸かるほどになりますので、その時期には雨靴を履いていくと観光をより楽しむことができます。

何世紀にもわたって、ホイアンは東南アジアの海上貿易において重要な役割を果たしました。少なくとも紀元前2世紀に遡り、サフィンと呼ばれる文化の人々が中国とインドの商品を交換していましたが、16世紀に中国や日本、ヨーロッパの船が港に集結し貿易ブームを巻き起こし、世界中から商人が集まる年に一度のスプリングフェアが開催されたフェイフォという港(ファイフォスプリングフェアの記事をご覧ください)が状況を一変しました。17世紀終わりの全盛期には、役人が王朝の資金を徴収しようと港に降り立ち、街は職人、金融業者、役人で埋め尽くされました。

貿易活動は日本と中国の商人で回っており、その多くは各国の政府がビジネス、規則や文化的個性を統括しているフェイフォに居住しました。1639年には、日本の将軍が海外旅行を禁止し、”日本通り”や独自の建築様式の数も減少しました。当然ながら、中国の政治改革で町の”自治体”は、会議場や崇拝の場の設置が行われました。

18世紀後半には、泥土がトゥボン川を塞ぎ始め、その影響で市場が中国でも開催されるようになり、それから港の貿易活動は減少していきました。フランス軍がファイフォに議事堂を建設し、トゥーラン(ダナン)から列車が開通されたため、以前の貿易経済を復活させられませんでした。町は、1954年にホイアンへと名前を変更し、何とかフランスやアメリカとの戦争の火から被害を免れ、現在でもその時代の雰囲気が残っています。

Please follow and like us: